ガラス越しの幻想

日々の風景を撮りためています。

DSCF4300
CAM : CANON A-1
LENS : CANON FD28mmf2.8
FILM : NewSEAGULL100
Developer : MICROFINE 1:1 20C/16min

メンテ後に試写に連れ出していたA-1、撮り終えたので現像しました。
stock分の現像液がなかったので1:1希釈、ちゃんと写ってます。
これでA-1もラインナップに入りました!!
これ、憧れのカメラだったんですよ…感慨深いです。
 
デジタルカメラの手軽さも楽しいですけど、スペックには表れないFILMの楽しさ!
撮ってからもワクワクできます、楽しい!!

DSC02032
久しぶりに現像しました。
FILM : NewSEAGULL100
現像液 : ミクロファイン原液 20度12分30秒
ミクロファインは基本D-76の1.4倍で考えてます。

1:1希釈だと流石に時間がかかり過ぎたので今回は原液で。
この季節ですから現像中に温度が上がってくるので少々現像過多になったかも。
一応前浴も20度の冷水を使ったんですけどね。

次は安定のT-MAXを使ってみたい気もしますし、がっつりSPDでがっつりやってみたい気も…



それから、以前いただいたカメラに入っていたFILM
撮影してるかどうかもわからず、しかも10年以上カメラ内にはいったままという状態なのでかなりコンディション厳しい。DPEに出しても…というところでしたので

流石にこの環境でカラーは再現できないでしょうから、モノクロの方がいいのじゃないかと思ってチャレンジ。
まず、フィルムがパトローネ内で融着してるのか巻癖ついてるのか…フィルムピッカーが効きません。
もう、ダークバック内でパトローネ分解という荒業にうってでました。
やっぱりフィルムの巻癖が凄くって、リールに巻くのも一苦労。
カラーのASA400&放置年数不明という…現像時間どうするか…ASA400を信じて若干短めにしましたが、それでも長かったかもな現像状態でした。

あと一本後日現像するつもりでしたが、現像液が変色しちゃって打ち止めです。
 

このページのトップヘ